スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A GARLAND OF RED / Red Garland 

B0007OE.jpg

トリオ作品として最初にリリースされたアルバムであり、ガーランドの記念すべき初リーダー作品でもあります。
スタンダード・ナンバー中心の選曲です。
(7曲中6曲がスタンダード・ナンバー、最後の1曲がオリジナルです)
誰でも何処かで聴いた耳慣れた曲を、ガーランドの優しく軽やかなピアノで聴かせてくれます。

**********************************************************************

01.ア・フォギー・デイ
02.マイ・ロマンス
03.恋とは何でしょう
04.メイキン・ウーピー
05.九月の雨
06.リトル・ガール・ブルー
07.コンステレイション
08.ブルー・レッド

**********************************************************************

「ア・フォギー・デイ」の軽快な出だしで始まります。
次いで、「マイ・ロマンス」の優雅で流れるような優しいメロディ。
この曲は、ミュージカル「ジャンボ」として使われたそうです。
ワタクシ的にはこの曲がこのアルバムの中では一番好きかもです。

アルバムジャケットが良いですね。
黒・グレー・ピンクの文字と、ポップなピアノのイラストがちりばめられています。
手前のガーランドの何処か沈んだ表情。
前と後ろの対比が何とも言えない味わい深さ、間合いの妙さがありますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。